夢の島の楽しみ方

夢の島のほととんどが約43ヘクタールにも及ぶ公園施設です。この「夢の島公園」と名付けられた公園は、運河や水路に囲まれた緑豊かな公園となっていて、東京都内ではほとんど見かけることができないユーカリやカナリーヤシなども植えれれているため、南国の雰囲気も味わえます。

バーベキューを楽しもう!

夢の島にはバーベキュー広場があり、マリーナに面した涼やかな場所の一角が広場になっています。緑の芝生の上には30の区画が用意されていて、各スペースにはテーブル、ベンチが設置されています。近くには水場ももちろんありますので、気軽にバーベキューが楽しめます。

使用料はなんと無料です。ただし事前に電話予約をする必要があります。03-3521-8273の夢の島公園バーベキュー専用受付番号に電話して予約を行ってください。年末年始以外は前8時30分から午後5時15分まで毎日受付を行っています。広場が利用できる時間帯は午前10時から午後4時までで、その時間内で予約をすることになります。利用の2ヵ月前から先着順での予約を受け付けていて、また予約状況は公園のHPで確認できます。

バーベキュー器具や材料は全て持ち込みになりますのでご注意下さい。貸し出しなどはありません。とはいえ駐車場のすぐ近くにバーベキュー広場があるので、器具や材料の運搬もそれほど大変ではありません。家族みんなで気軽に楽しめるよう配慮がされている施設なのです。ただし駐車場は有料(2時間300円。それ以降は1時間毎に100円)なので、そのことには留意が必要です。

熱帯植物館を楽しもう!

1973年に開館した東京都夢の島熱帯植物館も、夢の島を魅力的に彩る施設の一つです。入場料も一般250円、65歳以上120円、中学生100円(小学生以下と都内在住、在学中学生は無料)と安く設定されているので気軽に入館できます。開館は午前9時30分からで、閉館は午後5時。毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始がお休みとなっています。

外観からも分かる通り、中は背丈の伸びた植物が生い茂る巨大温室になっています。熱帯雨林の環境をモデルにしていて、都内ではお目にかかることのできないシダ植物が所狭しと立ち並び、枝の上にはランの花が咲いている、鑑賞しごたえのある施設です。

またこの植物館施設のエネルギーは、新江東清掃工場で焼却されたごみの余剰熱を使用しています。工場から遅れれてくる高温水を熱交換器を通して発熱しているのです。