東京夢の島マリーナ

夢の島公園には、船の停泊所であるマリーナが併設されています。「東京夢の島マリーナ」と呼ばれるその施設は、19.6ヘクタールの水域面積の中に専用660隻、ビジター用12隻の係留バースが用意されていて、その水深は3メートルです。空バース情報については、東京夢の島マリーナHPで随時確認できます。契約は原則として年間契約で行う必要がありますが、ここは敷地全体に監視カメラが設置されている上、警備員も巡回するためとても安全な施設です。そして給油バースではハイオク、軽油の給油も可能ですし、また15隻分の対応が可能な修理ヤードも用意されていて、そこには最大30トンまでの艇の上下架が可能な自走式マリンホイスト1基が装備されています。

施設概要

マリーナにはヨットのセールをイメージした三角形の屋根が特徴的なマリンセンターがあり、中にはマリーナ全体を管理する「フロント」。休憩スペースとして使用できる明るく開放的な「アトリウム」。洗濯機、乾燥機も備えられた24時間利用できる「シャワールーム」。メンバーが利用できるセルフのカウンターバーが備わった「オーナーズルーム」。加えてメンテナンス用品等が販売されているマリンショップや会議室もあります。それ以外にも係留区画契約者であればポール広場でバーベキューを行うことも可能で、有料のバーベキューセットレンタルも行っています。また駐車場も約500台分が用意されていますが、第1駐車場は平日以外オーナー専用になりますのでご注意下さい。設備の利用についての詳細は03-55569-2710、東京夢の島マリーナまで確認をお願いします。

イベントもチェック

東京夢の島マリーナでは、毎秋行われている「東京夢の島マリンフェスティバル」というイベントがあります。このイベントではこれまでセーリング体験や、アクセスディンギーという小型ヨットの体験などが行わてきました。海を、そしてヨットを楽しむための入り口として、様々な体験イベントを用意してきたのです。もちろん家族連れも楽しめるように、屋台なども出て大いに賑わいます。2019年は盆踊りも開催されてフェスティバルの名に恥じない華やかなイベントとして、盛況のうちに幕を閉じたのです。

これ以外にもスポットでイベントが開催されることもあります。例えば2016年にはヨットレースと同時に親子向けのイベントとして「親子で楽しむ体験フェスタin夢の島マリーナ」が開催されました。このようなイベントの開催については、東京夢の島マリーナに直接詳細を確認するのがいいでしょう。