東京湾クルーズ

夢の島にある「東京夢の島マリーナ」からは、東京湾を楽しむための多くのクルーズ船が出航しています。普段の生活や仕事で目にする姿とはまた違った、東京湾の知らない一面が楽しめるこれらのクルーズについてここでは取り上げていきます。

東京ベイエリアナイトタイムコース

東京夢の島マリーナを出港し、お台場海浜公園から夜のレインボーブリッジを巡り、そして両国を通り帰港するコースです。最大の見どころはもちろんライトアップされた美しいレインボーブリッジです。夜の静寂の中ロマンティックな風景を楽しむことで、東京にいながらも日常の喧騒から一時開放されることになるでしょう。所要時間はだいたい2時間から4時間です。天候などによって時間の変動があるからです。

大島ロングクルージング

東京湾を抜け伊豆大島まで渡り、一泊し帰ってくるという、ちょっとした小旅行になるクルージングも実はあります。大島ロングクルージングがそれで、いったん外洋に出るため東京湾内の静けさとはまた違った大海原の景色を満喫できます。目的地となる伊豆大島も実は見どころ満載で、活火山である島の中央やや南西にある三原山では、巨大なカルデラを見ることもできます。また山頂付近には、1986年の大噴火でも被災しなかったという三原神社があります。その不思議な力のご利益を得るために訪れる人もいる、と言われている神聖な社です。

このクルージングではそれほど長い時間滞在できるわけではないので、島の隅々まで散策することは難しいですが、中身の詰まった伊豆大島観光が楽しめるはずです。二日目の午前中には伊豆大島を離れ、再び東京湾を巡り、そして東京夢の島マリーナに帰港することになります。

屋形船クルーズ

東京夢の島クルーズからは出ていないのですが、東京湾クルーズを語るときにこの「屋形船」は外せません。風情のある屋形船に乗りながら、お酒や美味しい料理が饗されるこのクルージングは、日本人だけでなく外国人の観光客からも大人気です。

多種多様な屋形船が運営されていて、どれにしようか目移りしてしまいますが、夢の島のすぐそば、新木場駅間から無料シャトルバスが出発し、朝潮運河の乗船桟橋まで連れて行ってくれる「月島もんじゃ屋形船」が特におすすめです。2名から利用できる乗り合いと、40名から利用できる貸し切りがあり、昼限定スカイツリーを目指す「隅田川コース」と、お台場を目指す「お台場コース」があります。食事はもちろんもんじゃ焼きで、多彩なメニューが用意されています。